脱毛に使われるレーザーの種類

男性にとって顔の脱毛というと、やはりヒゲの脱毛が主ではないでしょうか。
ヒゲの脱毛とひと口にいっても、いろいろな種類があります。

 

その種類を大きく分けるなら、クリニックや美容外科などで行う医療レーザーによる脱毛と、エステなどで行うニードル脱毛やフラッシュ脱毛ということになります。

 

そして、さらに医療レーザーによる脱毛にもいくつか種類があります。
これはレーザー脱毛機を提供している会社によって、その特色が異なるからです。
そのため、さらに細かい機能で分類していくと、かなりの種類に分けることができます。

 

もっとも多く使われているのが、「ダイオードレーザー」です。
ダイオードレーザーは、現在脱毛を扱っている多くのクリニックが採用しているもので、うぶ毛もある程度まで対応できるうえ、痛みも少ない方法です。

 

ダイオードレーザーの前に多く使われていたのが、「アレキサンドライトレーザー」です。
こちらはダイオードレーザーに比べ、かなり痛みがあります。
また、冷却装置などもありません。

 

うぶ毛よりも、さらに濃い男性の顔の脱毛に使われるのが「ロングパルスヤグレーザー」です。
肌の色を選ばず使用でき、光が肌の奥まで届くのがロングパルスヤグレーザーの大きな特徴です。

 

感じ方には個人差があるので一概にはいえませんが、痛みで比較すると、もっとも痛いのはアレキサンドライトレーザーです。
ダイオードレーザーとロングパルスヤグレーザーの痛みは、さほど変わりません。

 

男性のヒゲは毛の根元が深くにあるため、ある程度の出力のレーザーが必要となります。
そのため炎症を起こすこともあり、冷却機能がついた脱毛機も多く見られます。